プーケットのツアー » プーケット島内観光とチャーター» プーケットタウン・マップ

19世紀初頭にヨーロッパで調理用にティン・フォイルが使われていた頃(20世紀にアルミ・フォイルが開発され使用されなくなる。)、プーケットは、錫鉱業(スズ)の劇的な成長により、シンガポール、マラッカ、ペナンと並んで、中国本土から多くの商人を引き寄せ、華僑の主要な文化的中心地の一つとなりました。 そのころにプーケットタウンに建てられたのが今も美しく残るシノポルトガル式邸宅です。 これらの建物は、スズ鉱山で成功した華僑とその子孫が居住や販売店としていたもので、独特な建築様式を特徴としています。 家屋は正面から見て狭く見えますが、そのスペースは背中まで10メートル以上あり、中に入れば広々とした空間に驚くでしょう。 Dibuk、Phang-Nga、Yaowarat、Thalang、Krabiの道を歩けば、現在ショップハウスやブティックホテル、カフェなどとして利用されるシノポルトガル式邸宅の美しい外観を楽しめます。プーケットタウン地図

A.タラン通りとロマニー路地 Thalang Road and Soi Rommanee   B. トリックアイ・ミュージーアム Phuket Trickeye Museum    C. インディーマーケット   D. タイフア博物館 Thai Hua Museum   E. カオラン・ヒル Rang Hill    F.バーン・チンプラチャ Baan Chinpracha   G. ジュイトゥイ神社(水白臼神社) Jui Tui Shrine   H. プーケット・ウォーキング・ストリート Phuket Walking Street   I. 写真館