プーケットのツアー » プーケット島内観光とチャーター» プーケットオールドタウン

プーケットタウン

オールドタウン タラン、ディバック、クラビ通りのプーケットの歴史的街並みはオールドタウンと呼ばれ、ぜひ訪れて見たい場所です。16世紀からスズ鉱山で栄えたプーケットはその産業にかかわるシャム人、中国人、マレー人、インド人、ヨーロッパ人で彩り豊かな文化を形成させました。特に『Baba』とよばれる文化は中国福建省から来たスズ鉱山労働者とシャム人の女性のが生み出した独特の文化です。16世紀からヨーロッパ人たちもプーケットとの貿易に関心を持ち、プーケットを『ジャンクセイロン、Junk Ceylon』と呼びました。その名はその頃のポルトガル商人の地図にも当時のプーケットとして残っています。 18世紀のスズ鉱山の中心となったのは中国福建省から来た中国人でした。20世紀になるとたくさんのヨーロッパの鉱山会社がタイ国から招待され、道路や運河を作り交通網が形成されました。オールドタウンの国際式豊かなシノポルトガルやシノコロニアル型式の建築様式はこうした背景から編み出されたようです。