プーケットのツアー » プーケット島内観光とチャーター» ビッグブッダ

象のり

シャロンとカタの間のナッカード山にそそり立つ45メートルの巨大なビッグブッタはプーケットの最も神聖なランドマークとなっています。巨大といわれる奈良の大仏が15メートルですので、ビッグブッダがいかにビッグかお分かりでしょう。 真っ白い大理石でつくられた巨大建築費は全て寄付(タンブン)でまかなわれました。タンブンとはタイ仏教で“徳を積む”という意味です。タイ人はお寺に寄付をしたり、お坊さんに施しをしたり、恵まれない人にお金をあげたりすればよりよい来世を期待できるという輪廻転生の教えを深く信じています。大理石の断片が300バーツから販売されているのでご寄付として購入し自分の名前や願い事を書けば願いがかなうかもしれません。 丘の頂上からはプーケットタウン、カタビーチ、カロンビーチ、シャロンベイ、天気の良い日はピピ島などのプーケットのパノラマ風景が見渡せます。山の頂上に立つこの巨大な仏像は遠くからもくっきりとそのシルエットを確かめることができます。